大人も子供も遊べる任天堂のファミリーコンピューター

任天堂が最初の家庭用ゲーム機である「ファミリーコンピューター」を発売したのは私が中学生のころでした。
当時の家庭用ゲーム機というものは、多くのメーカーから多くのものが発売されてはいましたが、本当にターゲットである子供たちが満足できるレベルにまで達しているものはありませんでした。
しかしながら、任天堂から「ファミリーコンピューター」が発売されたときには、子供たちは競ってファミリーコンピューターを手に入れたものでした。
当時の家庭用ゲーム機としては十分に満足のいくものだったからです。
ソフトの質も非常に良く、子供たちは夢中になったものです。
もちろん子供だけではなく、大人が遊べる家庭用ゲーム機でもありました。
大人と子供、そんな垣根さえ関係ないほどの高レベルの家庭用ゲーム機だったのです。
親と子供が一緒になって遊べるファミリーコンピューターは、その後もソフトが充実して行き、子供たちのあいだで大ブームを巻き起こしました。

wii u ポイント

低騒音ブレーカ

ドリルジャンボ

コーンクラッシャ

自走式スクリーン

最新投稿